(開発裏話4/11)お尻を守るスパッツ。売ってなかった

「おしりの幸せ」は完成するまで約10年掛かり、2022年8月から販売開始できました。
販売開始までどんなことをしてきたかを記したいと思います。
—————————————-

「おしりの幸せ」開発前。私自身18kg痩せた時がありました。(すぐに戻りました(汗))
自転車に乗ったとき、とってもお尻が痛かったです。
サドルに5分続けて乗れないんです。

あまりにも痛かったので、ネットで見つけた「パッド入りスパッツ」を3種類見つけ購入。

「これでお尻の痛みから解放されるぞー!」

「お客様にもご紹介できるぞー!」

ワクワクして履きました。
しかし。。。ダメな感じでした。。。


●1つ目のスパッツ
・痛いのは坐骨なのに、パッドが坐骨に当たらない(坐骨より上にパッドが入るようになっている)
・スパッツ全体の締め付けがきつすぎる

●2つ目のスパッツ
・坐骨にパッドが当たらない。
・臀部全体にパッドが縫い付けてあって、洗濯後乾きにくい

3つ目のスパッツ
●パッド取り外しできて良い。
●坐骨にパッドが当たるが、大きすぎて歩きにくい
●スパッツが重すぎる


どれも今後も履こうと思えないのでした。

がっかり~~~~

今の世の中、探してみれば結構なんでも揃ってますでしょ。
一部の人しか欲しがらないような物でも。

しかし、
「お尻に肉が少なくて、座るとお尻を守ってくれるスパッツ」に関しては
「これ良い!」と思えるものがなかったのです。
自分で作ってみよう・・・と思いました。

————————————————-
そこから10年後の今、お悩み解決の商品を世に出せました。

誕生秘話掲載。「試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語」

—————————————-
It took us about 10 years to complete “Happiness in the Hip” and I was able to start selling it in August 2022.
I would like to describe what I did until the start of sales.
—————————————-

Before developing ““Happiness in the Hip” (tentative name)”.
There was a time when I myself lost 18kg. (I soon regained it ).
When I rode a bicycle, my buttocks were very sore.
I couldn’t stay in the saddle for 5 minutes straight.

It was so painful that I found three kinds of “padded spats” on the Internet and bought them.

I can introduce them to my clients!”

I was excited to try them on.
I thought, “This might not work….

The first pair of spats
The padding does not touch my sciatic bone, even though it is my sciatic bone that hurts (the padding is supposed to go above the sciatic bone).
The entire pair of spats is too tight.

The second type of spats
Pads do not touch the sciatic bone.
Pads are sewn over the entire buttocks and are difficult to dry after washing.

The third type of spats
Pads can be removed.
Pads hit the sciatic bone, but they are too large, making it difficult to walk around.
Spats are too heavy.

I don’t think I would wear any of these in the future.
Disappointed ~~~~

In today’s world, you can find pretty much anything if you look for it.
Even things that only a few people want.

However
When it comes to “spats that have little flesh on the hips and protect the hips when you sit down…”
I couldn’t find anything that I could say, “This is good!

I decided to make them myself.

Now, 10 years later, I have been able to bring a product to the world that solves your problems.
 I was able to introduce a product that solves your problems.

You can read the story of the birth of the product here.
“About 10 years of trial and error. The story of how I developed “Happiness in the Hip (tentative name)” all by myself.”

関連記事

  1. 「おしりの幸せ」ラジオで紹介されます

  2. (開発裏話6/11)大手メーカーに売り込むも断られた経験。今…

  3. (開発裏話9/11)パッド製作会社が見つかるも、パッドが作れ…

  4. (開発裏話3/11)自分も18kg痩せ自転車でお尻痛くなる

  5. 【おしりの幸せ】のブログ始めました

  6. (開発裏話2/11)「40kgきると寝ていてもお尻や背骨が痛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。