【ご愛用者の感想】
「痛くて座れず、いつも小さな座布団を持ち歩いていました50代男性」

–お悩み内容–

仕事のしすぎで痩せてしまい、
64kgの体重が54kgまで落ち、お尻の肉がほぼなくなりました。

座るのが本当につらい状況。

特に木の椅子や石のベンチが痛くて座れないので
いつも小さな座布団を持ち運んでいました。

ちょうど大学院の試験の時。
「おしりの幸せ」に出会いました。

試験会場は木の椅子。
「おしりの幸せ」を履いて痛みを感じることなく試験に臨め無事合格しました。

試験が終わった今も履いています。
「おしりの幸せ」は履いている感はありますが、それが逆に安心して痛みを感じなくて座れる感覚があります。

もしご病気などでお尻のお肉が落ちてしまって、
「お尻が痛くて座れない」というお悩みがある方は
「おしりの幸せ」をお勧めします。


試験に臨む方で「おしりの幸せ」をご愛用される方は多いのです。
試験会場では座布団を持っていけない。
何も敷かないとお尻が痛く、試験に集中できない。
だから購入しました。というお客様のお声を伺っています。
お役に立てて嬉しいです。

冬の時期は特にお勧め。
お尻のパッドが暖かく、お尻ぽかぽか。

商品の詳細

誕生秘話
「試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語」

関連記事

  1. 〈ご感想〉女性60代「座る場面はかなり助けて貰っています」

  2. 「おしりの幸せ」を履いたら、祖母がディサービスでの自転車漕ぎ…

  3. 〈ご感想〉女性40代「携帯用を持ち歩かなくて済むようになりま…

  4. 40代男性「取引先の椅子に楽に座れるように」

  5. 60代男性「寝る時パッドを敷くと尾てい骨が楽です」

  6. 【ご愛用者の感想】「硬い椅子に座ってもお尻が柔らかく感じ、痛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。