ご高齢のご家族が外出を避ける時「座るとお尻が痛い」という理由がある場合も。

シニア層でお仕事を退職された方が外出する場所は、
どういう所でしょう。


私の高齢の親は、趣味の集まり、病院、お散歩などですが、
皆様そういう感じででしょうか?


あるシニアの方からご相談がありました。
『熟年者の会に定期的に行っていましたが、会場の椅子が硬くて痛くて、
それが原因で欠席するようになりました』 

『散歩も途中で休憩したいけれど、ベンチが硬くて冷たくてお尻が痛いです』

『家族からは小さい座布団を持っていけば良いと言われますが、荷物になるので嫌です』

『病院には仕方なく行っていますが、硬い椅子に座っているのがつらいです



そのお気持ち分かります。
多くの方が集まる場所は、除菌掃除がしやすいように、硬い椅子を採用しているのだと思います。
そういう椅子は、お尻にお肉がない方には痛いですよね。。。

と、いうわけで、相談してくださった方に「おしりの幸せ」を履いて頂き、
以下のご感想を頂戴しました。


『どこに座っても座布団を敷いている感じで楽です』
『寒い今の季節はお尻が温かくていいですね』


喜んでいただけるお声が本当に嬉しいです。
苦節10年。作って良かった「おしりの幸せ」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

履くだけで、痛いお尻の骨を守ります。
履くことで、つらかった外出が楽しい外出に!
楽しく外出できることで、高齢者のロコモやフレイルの防止にも。

冬の時期は特にお勧め。
お尻のパッドが暖かく、お尻ぽかぽか。

商品の詳細

試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語
誕生秘話です

関連記事

  1. 20代女性「履くと美尻に見えて嬉しいです」

  2. 病院で長く待ってもお尻が痛くなくて助かりました

  3. 【ご愛用者の感想】「病院の待合室で長時間座っていても大丈夫に…

  4. 【ご愛用者の感想】「痛かったお尻が全然痛くなくなりすごいと思…

  5. 暑い季節の「おしりの幸せ」使用法

  6. 「おしりの幸せ」を履いたら、祖母がディサービスでの自転車漕ぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。