「おしりの幸せ」メリット&デメリット ご愛用者様のお声(女性50代)

ご愛用者様の感想を頂戴しました。
女性50代
身長158cm体重43.5kg

–購入した目的–
●国家試験を受けます。その際にクッションの持ち込みに規定があり 単に 「硬い椅子でお尻が痛い」だけの理由では持ち込めないためです。

–購入後のメリット–
●ホントにお尻にクッションがついているようで、全くパットがズレることもありません。

●「おしりの幸せ」を着用後、レギンスやデニム 裏起毛のパンツなど どれでもシルエットに問題なさそうです。

●長時間硬い椅子に座りました。
上手く除圧ができており 気付くと痛みを忘れて勉強に集中していました。

–デメリット–
●近場に店舗がないのが残念。

●寒い季節には、着用することで とても温かく、外出時は履く頻度も増えそうです、ですが夏向きではないと考えます。

●興味をもった人に勧めたいのですが、価格が・・・。 
「品質」の良さがわかる相手でないと難しいです。


このお客様とは電話で実際にお話をさせて頂きました。

ご購入してすぐの時にご感想をお願いしたら、
「今、感想を言ったら良いことばかりになってしまいます」

「良いことだけの感想は他の人に信憑性がない印象を与える気がします」

「履き始めて1ヶ月経過してから感想をお伝えします」

とおっしゃり、
1ヶ月後頂戴した感想が上記のものです。

とってもフェアなお客様だと思いました。
そういう方の感想は本当に思ったことを書いていただける、忖度がない感想文だと思えました。
ですから首を長くして待っておりました。

感想文を拝読しお役に立てていると分かり、ほっと一安心致しました。

–デメリット「近場に店舗がないのが残念」に関して–

ありがたいお言葉です。
近くに店舗があれば気軽に試着をしご購入して頂けますね。
店舗を構えるのは難しいとしても、催事場などで試着&即売会などが近い将来、出来るようにしたいです。
それにはまだ無名の「おしりの幸せ」の認知度を上げなければ!

–デメリット「夏向きではない」に関して–
本当にそうなんです。

以前、真夏に「接触冷感の生地」で「おしりの幸せ」を作成し試着したことがあります。
触るとヒヤッと冷たい生地なら良いかと思い、炎天下に自転車に乗りました。

全然涼しくありません。汗だくになりました。
猛暑には何を着ても暑いと思いますが「おしりの幸せ」は特に暑く感じました。


今後、真夏に履いても本当に涼しく感じる生地があれば「おしりの幸せ」を作成したいです。

–開発者川畑の提案–

●夏の時期、室内でクーラーを使うと思います。
その際にご病気や高齢の方はクーラーで寒い思いをする方もいらっしゃいます。
今までのモニターさんでそういう方がいらっしゃいまして、
クーラーの効いている部屋では冬の格好をされているそうです。
そういう方には夏の時期でもご着用になれると思います(熱中症に気をつけて頂きつつ)

●移動中は着用せず、移動先で着用。
移動先のクーラーが効いている場所に到着し、十分涼しくなったらトイレ等で着用されると良いかと思います。

–デメリット興味をもった人に勧めたいのですが、価格が・・・。「品質」の良さがわかる相手でないと難しいです。に関して–

この文章を書いているのが2022年11月15日です。
現在「還元祭特価」として29,980円で販売しています。(定価は39,700円です)
「おしりの幸せ」に対して助成金が頂けることになりそのお金をお客様に還元したいと思い、還元祭特価にしました。

なるべく安価にすることで多くの方に使っていただきたいと思っています。

いつまで還元祭特価ができるか分かりませんが、この価格が続けられるように努力したいと思っております。

——————————————-

受験を控えている方へ。
「会場の硬い椅子でお尻が痛くなりそう」
「お尻が痛くて試験に集中できないかも・・」とご心配な方に。

履くだけで柔らかいクッションの上に座っている感覚に。
ぜひご活用ください!

冬の時期は特にお勧め。
お尻のパッドが暖かく、お尻ぽかぽか。

商品の詳細

試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語
誕生秘話です

関連記事

  1. 【ご愛用者の感想】
    「痛くて座れず、いつも小さな座布団…

  2. 【ご愛用者の感想】
    「履き心地が良くて驚きました 50…

  3. 【ご愛用者の感想】
    「お尻の骨が痛くて困っていました …

  4. 大事な試験を受ける方へ。会場の椅子でお尻痛くなりませんか?

  5. 【ご愛用者の感想】「硬い椅子に座ってもお尻が柔らかく感じ、痛…

  6. 【ご愛用者の感想】 「どんな場所でも痛みを感じず直に座れて嬉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。