(開発裏話9/11)パッド製作会社が見つかるも、パッドが作れない事態発生

「おしりの幸せ」の開発ストーリーがラジオで紹介されます。
2022年10月8日 ニッポン放送(AM1242)
八木亜希子LOVE&MELODY
生放送 朝8:30~10:50
■10:00からの「10時のグッとストーリー」で登場■
radiko:
放送後数日間聴けるそうです。

———————————

「おしりの幸せ」は完成するまで約10年掛かりました。
その間のことを書きます。

———————————

やっとパッド作成をお願いできるところが見つかりました。
「厚物専門」の会社さんです。


材料は全て当方で用意します。
パッドの中身になる不織布。
カバー生地。
パッドの縁に使用するバイアステープ。

不織布探しはなかなか大変でした。
不織布専門メーカーに実際に伺い、数種類を取り寄せ、
いくつもサンプルを作成し、身体に装着し、座る。歩く。自転車に乗る。
洗濯&乾燥などを繰り返しました。
そしてこの不織布なら大丈夫!というのが見つかりました。

厚物専門会社に材料一式を送り、試作品1号を作成して貰いました。
送り返して貰った試作品1号はなかなか良い出来でした。

次は試作品2号の製作です。細かい改良をすればもっと良いパッドになると手応えを感じていました。
1回目と同じ不織布を再度会社に送り、完成を楽しみに待っていました。


数日後会社から電話が。
担当者さん「川畑さんか送られた不織布が1回目と2回目の弾力が違っています」

そんなはずはないと思いました。
だって同じ品番の製品ですから。

とにかくパッドを作って送って貰いました。
確かに。
1回目と2回目のパッドの弾力が違っています。

ガッカリ&ショック

「おしりの幸せ」はパッドの弾力や気持ち良さがカギです。
製品によって弾力の違いがあってはなりません。


すぐに不織布メーカーに伺ったところ、
「不織布は弾力を発揮する商品ではないので、弾力の差があっても問題にはならない」という回答でした。
そうでしたか。。。
これは不織布が悪いのではなく、私の素材選びが良くなかったのです。

また振り出しに戻ってしまいました。
パッドが作れない。。。。

————————————————-
完成まで紆余曲折。
「おしりの幸せ」を世に出せました。

誕生秘話が掲載。
「試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語」

 

———————————

Happiness in the Hip (tentative name) took me about 10 years to complete.
I write about what happened during that time.
———————————

I finally found a place to ask for pad creation.
They are a company that specializes in thick pads.

I prepared all the materials myself.
The non-woven fabric that will be the content of the pad.
Cover fabric.
Bias tape for the edge of the pad.

It was quite difficult to find nonwovens.
I actually visited a manufacturer specializing in nonwovens, ordered several kinds, made several samples, and sat on the body.

I made many samples, put them on our body, sat down, and walked. Walking. Riding a bicycle.
Washing and drying, and so on.
And I found that this non-woven fabric would be fine! I found one that would work.

I sent a set of materials to a company specializing in thick fabrics and asked them to make the first prototype.
The first prototype they sent back to us was quite good.

 

Next, I will ask the company to make Prototype #2. I had a good feeling that it would be a better pad if we made some minor improvements.
I sent the same non-woven fabric again to the company and waited for the completion.


A few days later, I received a phone call from the company.
The person in charge said, ” Ms. Kawabata, the elasticity of the nonwovens you sent us is different from that of the first one.

I thought it was impossible.
Because they are the same product number.

Anyway, I asked them to make a pad and send it to me.
Sure enough.
The elasticity of the first and second pad is different.

Disappointed & shocked!

The key to “Happiness in the Hip” is the elasticity and comfort of the pads.
There should be no difference in elasticity from one product to another.


I immediately asked the manufacturer of non-woven fabrics.
They answered, “Nonwoven is not a product that demonstrates elasticity, so it doesn’t matter if there is a difference in elasticity.
Is that so?
This is not because nonwovens are bad, but because my choice of material was not good.

I was back to square one again.
I can’t make a pad: 。。。。

—————–
Twists and turns until completion.
I was able to bring “Happiness in the hips” to the world.


The story of its birth.
About 10 years of trial and error. The story of how she single-handedly developed “Happiness in the Hips.

 

 

関連記事

  1. (開発裏話8/11)「他社で断られた縫製もご相談下さい」と言…

  2. (開発裏話2/11)「40kgきると寝ていてもお尻や背骨が痛…

  3. (開発裏話11/11)スパッツ縫製会社見つかった!ようやく販…

  4. (開発裏話6/11)大手メーカーに売り込むも断られた経験。今…

  5. 「おしりの幸せ」ラジオで紹介されます

  6. (開発裏話10/11)パッド作りのメドが立った矢先、コロナで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。