入院時。役に立ったもの(1)

お陰様で父はどんどん良くなっております。
80代後半でも、諦めなくて大丈夫だ。と思いました。

看護師さんやヘルパーさんが、
つきっきりで父のお世話をしてくれる訳ではないので、
自分が面会に行って、世話をしております。

世話と言っても、
再び脱水にならないよう、水分を摂るように促したり、
食事を「もう食べられない」という父に、あと2口食べようと促したりしてます。
ときどきは排泄介助もしてます。



面会者側として役立った、いえ、必須だったのは、
「延長コード」です。

病室で4時間前後滞在しているので、父の世話をしない時間にPCで作業をしております。
PC、スマホ、WiFi充電が必要です。
延長コードがないとほぼ何もできません。

参考になれば!


———–
履くだけで、痛いお尻の骨を守ります。
履くことで、つらかった外出が楽しい外出に!
楽しく外出できることで、高齢者のロコモやフレイルの防止にも。

Just put them on and they will protect your aching hip bones.
Wearing them turns a painful outing into an enjoyable outing!
By making going out more enjoyable, they also help prevent locomotion and spinning in the elderly.

商品の詳細

試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語
誕生秘話です


関連記事

  1. 父、輸血して頂きました

  2. 「延命治療」について話しておくのを勧めます

  3. 高齢者の生活1(脱水要注意!)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。