女性80代 37kg「お尻が気持ち良くて助かってます」

ご愛用者様から感想を頂戴しました。

女性 80代 身長147cm 体重37kg

Q:どういう時にお尻が痛かったですか?
A:病院の待合の椅子に座ったとき。外食のとき

Q:「おしりの幸せ」を履く前のお尻の痛みの対処法は?
A:椅子とお尻の間に手を入れてクッションにする。
座布団を二枚入れる。
上着を脱いで尻の下に敷く。

Q:「おしりの幸せ」を履いてみていかがでしたか?
A:お尻がふかふかで気持ち良くて助かってます。

Q:サイズは大きめに見えますが、大丈夫ですか?
A:サイズは紙パンツを履いているので、このゆるいサイズ(おなかラクちんLL/Mサイズ)が良いです!
———————-

ご高齢の方は病院に行かれることが多いですが、
病院の待合の椅子が硬くて痛いというお話しはよく伺います。

フカフカの椅子だと良いのに、とも思いますが、衛生上の問題や掃除の関係で、
硬めの椅子をあえて設置しているのかもしれませんね。

と、いうことで病院の待合の椅子でお尻が痛い方は「おしりの幸せ」を是非お役立て下さい!

Female, 80s, weighing 81.5lb “My butt feels great and it helps.”

Q: In what situations does my buttocks hurt?
A: When sitting in a hospital waiting chair. When eating out.

Q: Before wearing Happiness in the Hips how did you deal with the pain in your buttocks?
A: Put my hand between the chair and my buttocks to cushion it.
Put two cushions in the seat.
I put my jacket under my buttocks.

Q: How do you feel after wearing “Happiness in the Hips”?
A: It helps my buttocks feel soft and comfortable.

Q: The size looks bigger, but is that okay?
A: I wear paper pants, so these loose-fitting sizes feel good!

From an elderly person going to the hospital.
I often hear that the chairs in hospital waiting rooms are hard and painful.

It would be nice if they had fluffy chairs, but some hospitals are forced to install hard chairs due to hygiene and cleaning issues.
Hard chairs may be installed on purpose for reasons of hygiene and cleaning.

So, if you have a pain in your buttocks from hospital waiting chairs, please use “Happiness in the Hips”.

———————-
履くだけで、痛いお尻の骨を守ります。
履くことで、つらかった外出が楽しい外出に!
楽しく外出できることで、高齢者のロコモやフレイルの防止にも。

冬の時期は特にお勧め。
お尻のパッドが暖かく、お尻ぽかぽか。

商品の詳細

試行錯誤の約10年。一人で「おしりの幸せ」を開発するまでの物語
誕生秘話です

関連記事

  1. 40代男性「取引先の椅子に楽に座れるように」

  2. 〈ご感想〉病気で急に痩せた母「尾てい骨はパッドの間にはさまる…

  3. 【ご愛用者の感想】 「どんな場所でも痛みを感じず直に座れて嬉…

  4. 20代女性「履くと美尻に見えて嬉しいです」

  5. 50代女性「国家試験会場に座布団を持ち込めないので購入しまし…

  6. 80代男性「また散歩に行けるようになりました」